読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

残月も 薄氷も消ぬ あたたかさ

御託を並べる

なかなか、描いていることが17音に収まりません。

残月も 薄氷も消ぬ あたたかさ (ざんげつも はくひょうもけぬ あたたかさ)

「薄氷」は2月の季語。「残月」は明けの月で、朝になっても天から西方向に薄くのこっている様子を知らせてくれます。氷を溶かす太陽がでてきました。残月も消してしまう太陽が一面を覆いだし、あたたかさを実感することができる日もある2月下旬。なお「消ぬ」は「消えてしまう」の古語のようです。

う~ん、いかんな~。こんなに説明をくどくどとしないと、絵も浮かばないし意味が伝わらないような句では…。駄句の駄句たる…シクシク。