PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

時事:冬の電力不足、回避も=供給余力、北海道は5.8%-節電要請など検討・政府

ネット徘徊してましたら、今冬の電力にある程度余裕があることが報じられていました。ますます、原発を稼働させる大義は失われていきます…。


冬の電力不足、回避も=供給余力、北海道は5.8%-節電要請など検討・政府(時事)
政府は12日、今冬の電力需給の見通しや節電要請などの対策の議論を、「需給検証委員会」(委員長・白真勲内閣府副大臣)で開始した。沖縄電力を除く電力9社はいずれも、需要のピークとなる来年1~2月時点で、供給余力である予備率を最低限必要な3%以上確保できるとの予測を報告。予定外の火力発電所の運転停止などがなければ、今冬の電力不足は辛うじて回避される見通しとなった。
 需給が特に厳しいとみられた北海道電力管内は、2010年度並みの厳冬となった場合でも、最大需要563万キロワットに対し、596万キロワットの供給力を確保。予備率は5.8%と、安定供給に最低限必要な3%を上回る見込み。
…(略)…(2012/10/12-20:38)


今冬は電力供給余力確保 テレビ東京10月12日
今年の冬の電力需給の見通しが明らかになりました。沖縄電力を除く電力9社が政府に報告した内容によりますと、供給の余力を表す予備率は、いずれも最低限必要とされる3%を上回る見通しです。節電が定着したことに加え、火力発電などの供給力の増強が進んだためです。これによって、計画停電は見送られる公算が高くなりましたが、冬場に電力需要のピークを迎える北海道が対策の焦点となっています。政府は今後、北海道について節電の数値目標を設定する必要があるかどうか、検討を進める方針です。>> 記事掲載WEBサイトの頁に動画