pagetaka

写真、PC、ネット、岡山、旅の話題をお届けします

物撮り: の検索結果:

物撮り:紙コップ

物撮り:紙コップ雨降りの朝です。紙コップを撮りました。以上です。

物撮り:ムヒS2a、赤い色が合わない…

物撮り:ムヒS2a単に「ムヒ」と覚えてましたけど「S2a」などというのが付くんですね。飴玉みたいな赤桃色の楕円の色がナカナカ合致しません。色温度とか変えて撮ってみたですけどNGでした。ちなみに、販売元の池田模範堂サイトにはこんな感じに…。 虫さされ・かゆみに│液体ムヒS2a│池田模範堂

物撮り:台湾の珈琲カップ、高才虔 (Tsai-Chien Kao)が形をデザイン

物撮り:台湾の珈琲カップ、高才虔 (Tsai-Chien Kao)が形をデザイン桃園空港第1ターミナルから第2へ歩いて散策している途中見つけて買いました。飲み口が斜めになっていて、右利き用だと思います。形をデザインしたのは高才虔 (Tsai-Chien Kao)さんで、表面の絵などはイロイロな方がやっておられるようです。このカップは、お湯を入れると窯の色がかわります…。 Shu&W's Cera 集瓷

物撮り:AG、口付計量カップ。18-8ステンレスとは言え

物撮り:AG、口付計量カップ。18-8ステンレスとは言え長年使っている計量カップです。日本の会社「AG」製、18-8ステンレスとは言え、経年の結果「いぶし銀」(=ウソ、単に手入れが行き届いてないだけ)のような風格であります。しっかり布などで磨きまして撮りました。figcaption>物撮り:AG、口付計量カップ。18-8ステンレス「AG]というのは「赤川器物製作所」ということで、新潟県燕市に本社があるんですね。 業務用厨房用品の製造・販売 株式会社赤川器物製作所

物撮り:熟し柿。その前に篭の綿埃はどうなんだ…

物撮り:熟し柿。その前に篭の綿埃はどうなんだ…被写体である熟し柿を撮るのに夢中で、篭に綿埃がついているのが見えておりませんでした。反省しながら、酒を飲む…。懲りない爺。

物撮り:台湾本。台南、東海岸、高雄、食

物撮り:台湾本。台南、東海岸、高雄、食「台湾本」などと題する前に、本が向かって右へ倒れそうで不安定この上ない。本というのは「安定した情報」という印象もあるので、この並びや傾きはNGだな~と、いつもの「撮る前に気付け」でありまして、本はすでにいずこかへ…。 一青妙著「わたしの台南」 背のタイトルにレフ板で光を当てたはずなのに、思ったより暗い…シクシク。数年前、台北の次はどこへ、などと考え始めていたころ関空から高雄へLCCが飛んでいることを見つけ泊ったのが最初で、その後、台南、台…

物撮り:猫が持ち手の珈琲カップ、備前焼・國延昇さんの作

前説 pagetaka.hatenablog.com 1年程前に撮っておりますが…さて、今回は 備前焼・國延昇さんの作 物撮り:猫が持ち手の珈琲カップ、備前焼・國延昇さんの作2005年頃、備前焼作家・國延昇さんのホームページをお手伝いしていました。そのころ頂戴した、猫を持ち手にあしらった珈琲カップです。ネコの姿は色々あったと思います。作者の遊び心がこういう形になるのだと…。

物撮り:缶詰、3回目。金太洋みかん

前説 pagetaka.hatenablog.com pagetaka.hatenablog.com金太洋みかん缶詰を2回撮りまして、いずれも納得いかない(≒要は爺の腕がよろしくないだけなのだが)ということで3回目の挑戦であります。 缶詰、されど缶詰 物撮り:缶詰、金太洋みかんなかなか妄想したように撮れません。「妄想」は現実にならないから妄想なのだと今頃気づく爺。

物撮り:萩焼の花瓶。底の影を失敗した

物撮り:萩焼の花瓶。底の影を失敗したわりと気持ちよく撮れたな~などと安気な爺でありました。しかし、底に出ている影の形が変です。今回、トップライトと右側からのレンブラント光…。レンブラント光はトップライトに比べ20%ほどの強さのはずなので、安心しきっていた爺でありました。しかし、数字の3を引き延ばしたような形に影ができています。残念…。この萩焼は、ネットなどで見ても似たような作品に巡り合いません。「椿秀窯 和幸 花瓶」と桐箱に書いてあります。当方への来歴も爺は不詳…。

物撮り:琉球泡盛・与那国。瓶は映り込みとの妥協?

物撮り:琉球泡盛・与那国。瓶は映り込みとの妥協?瓶、黒、といういのは難しい~。時間をかけて撮っているうちに、ほこりがどんどんと瓶の表面についていっている…(´;ω;`)ウッ…。「与那国」という酒の名前がキッチリ光るところを探すと何やらポジションがいつもと異なる…ということに。そして、映り込みを可能な限り回避するため、あれこれと頑張ってみたのでした。しかし、結果は納得いかない…というか、何も考えずに撮った最初の方が映り込みが少ないという…なんだあ~「努力」というのは無駄の積み重…

物撮り:備前焼の一輪挿し、ピントを欲張る…が

前説 pagetaka.hatenablog.com 以前撮りましたが、口の部分にピントは甘く、反省してみようかと…。 備前焼 物撮り:備前焼の一輪挿し、ピントを欲張る今回は、被写体との距離をとり結果的に被写界深度を稼ぐということにいたしました。写真上の部分

物撮り:影がないと不気味なウイスキーのオンザロック、なんちゃって

…ロック」であります。物撮り:影がないと不気味なウイスキーのオンザロック、なんちゃって「麦茶に見える」「あきれるほど薄い珈琲」などと罵声が聞こえてくる気がします…。「なんちゃってオンザロック」は、じつは醤油を垂らしたものであります。下の銅の色も反映されて、まあ、こんな感じかな…と根気が続かない爺でありました。撮る時間よりもPCでPhotoshop使う時間が長いという…。写真を撮るというのはどういうことなんでしょうね。左側が修整前、右側が修整後「ウイスキーでオンザロックなら、球形…

物撮り:Jagabee、紙の箱、反射とのたたかい。惨敗の爺

物撮り:Jagabee、紙の箱上の写真、1は修整後、2は修正前、であります。PL使わんとイケンのかね~。そもそもトップライトから箱上面までの距離が極端に近く、明るさの差が出すぎてしまうと爺は愚痴をこぼしております。トップライトを使わず、いずれの面にも正対しないようなライトやレフ板を置けば、PLフィルタを使わずとも何とかなるのかな~と思ったふりをする爺でありました…惨敗。一生懸命Photoshopで修正したですけど…(´;ω;`)

物撮り:039LED、サーモが働き一時的に消える

物撮り:039の45W LEDLEDが壊れたわけではありませんので、冒頭まずその旨をお知らせいたします。ソフトライトボックスの中で使っておりましたらサーモが働いて一時的にご消灯あそばしました。デフューザーもつかってましたのである意味「閉空間」にあったわけであります。はずしまして、うちわであおいで冷ましまして、再び使えるのを確認しました。ボックスの中には50Wのとセットでした。2個なので大丈夫かな、などと思ってはおりましたが、ダメでした。4個だと熱がこもり、サーモが働く旨販売元…

物撮り:瀬戸内地方のレモン果汁100%

物撮り:瀬戸内地方のレモン果汁100%CO-OPで売っておりまして、最近気にいってつかっております。塩味の代わりにレモンの酸味、ということでありますが、「瀬戸内」「ストレート」「産地限定」「100%」など、これでもか、とアピールであります。チョット濁ったように見えるんですけど、実際そうなんです。濃さの結果、こういうものだということかと。

物撮り:うでぃさんの酒。化粧箱への映り込み、気をつけないと

…と共に撮りました。 物撮り:琉球泡盛、うでぃさんの酒この泡盛は、宮古島の西に位置する伊良部島、「宮の華」がつくっています。熊本県の委託農家が育てたお米は、肥料、農薬、堆肥をいずれもつかってないという、こだわりの原料、とのこと。あ、いかんです。酒の講釈ではなく写真の、物撮りのことがメインであります。化粧箱のうち左下部分に濃い青があります。これは恐らく瓶の色または瓶が邪魔して光を少なくした結果ではないかと…。別々に撮って合成した方がそれぞれの事実に近いということか…。いっぺんに撮…

物撮り:ABERLOURウイスキーボトル。一年前を反省し

…リンクしました。 pagetaka.hatenablog.com ライトの状態を含め撮った結果、ずいぶんひどいものでありました。 ABERLOUR ということで反省し殊勝に撮りなおし(≒疑)。物撮り:ABERLOURウイスキーボトル前日に続きですが、未開封のボトルはありませぬ故、1年前からほとんど飲み進んでないボトルでございます。光が多少でも楽になれば、撮るときにはだいぶ容易な作業になるという。道具、とりわけ物撮りのときのライトのセットは大切だな~と爺が申しておりました…N?

物撮り:缶詰、リベンジ。金太洋みかん

…かも)で撮ったです。物撮り:缶詰、リベンジ。金太洋みかん「缶切不要」表示の左側あたりで左右の明るさの違い、多少は改善(≒疑わしい、眉唾物)できたでしょうか…。 サイド黒レフ板は必要な長さを確保して 肩の下あたり、紺色と青色の境目が…右サイドに配置した黒のレフ板の高さが不十分で、缶の肩近くあたりで効果が途切れているのがわかります。これを、撮るときに気づけよ、ということでありますが、爺にはなかなか…懲りないというか、注意散漫というか、イイカゲンというか、香具師(やし)をする、ジナ…

物撮り:KAVALAN SOLIST、両サイドに黒レフ板

物撮り:KAVALAN SOLIST、両サイドに黒レフ板舞台裏はこんな感じです[写真下]。先頭写真の舞台裏舞台裏から正方形の写真は「修整」しないと作れない状態であるのはお分かりいただけると思います。左右に黒のフェルトを置きまして、なんちゃって黒レフ板、という減光の道具であります。「KAVALAN」の文字がバンと浮いて出るように光の向きを加減したです。 封の切ってないウイスキー瓶、ありませぬ。台湾の空港免税店で買ってきたのはいつのこと…。 以前の関係ありそうな記事 え~、写真の…

物撮り:あれ? PLフィルタの方が立体感が出る?!

写真撮るときあまりフィルタを使わない爺です。左から、PL使用、フィルタなし、PL使用露光量を調整するのが面倒な爺なものでPLフィルタをあまり使わない爺です。シャッタ速度、絞り値、ISO感度を同じにして撮るとその差は歴然です[写真上]。で、背景を真ん中のと似たような明るさになるようPhotoshopで調整してみました[写真下]。背景の明るさを調整後見ると、真ん中の柿、色は一番あるようなのですが、立体感が足りない感じがします。爺的には左の感じが好みです。ある程度立体感を感じること…

物撮り:切り抜いたのにはワケがあった、ぼた餅

切り抜いたのにはワケがあった、ぼた餅ぼた餅を皿にのせて撮りました。箸を置くかな、などと考えながら横着。で、とりあえず撮りまして、PCで見たら、トリミングせずにはおれない理由が…ガックリ。撮る前に細心の注意を仕方ないのでPhotoshopで直したけど[写真下]、イカニモな状態、ということで先頭のようなことになりました。ダメダメな修整後ということで仕方ないのでトリミングし、何事もないかのように…忍び足…。

物撮り:コスモス。撮るというよりPC修整

前説 コスモス撮影も下手な爺です。 pagetaka.hatenablog.com ピンクの縁があるコスモスの花びらのうち向かって左側が濁っている感じがしておりまして、どうしたものかと、思案しておりました。 Photoshopで「スクリーン」レイヤーを部分に使った コスモス。撮るというよりPC修整

物撮り:栗を平たく並べてみたけれど

栗栗を撮りました。紙の上にバラバラと並べました。し、し、しかし、数がそもそも足りませぬ。栗と栗の間も暗く落ち込んでおり、下(裏)からの光とかで起こさないとなにかドンヨリしています。栗は到来物ということで、贅沢は言えませぬ。そもそも撮られるために我が家に来たわけでもなく、栗にしてみれば大きな迷惑、ということかと。

物撮り:缶詰。正面の光なんとかしなくては

みかんの缶詰缶詰を撮りました。正面をちゃんと見て、左右どちら回りにも首を振っていないよう…。正面が暗くてもいけませぬ、ということで光も足しました。が、が、が…。缶の右上あたりの「缶切不要」の少し左の位置、縦に明暗が左右で異なる橙が見えますでしょうか。レンズ正面はカメラをセットするので黒っぽくなるというか、レフを置きにくいというか、まあそういったことであります。正面の明るさを落とさないようにするには、レンズギリギリの位置、周囲にもレフ板を置かなくてはいけぬということかと…残念で…

物撮り:栗。シフトレンズを使ってみた

栗。シフトレンズを使ってみたマクロ50mm、同100mmともなにかしっくりこない…。「それは腕が悪いからだよ~」と外の声(≒瞬時に耳をふさぐ爺)。で、試しにシフトレンズ45mmをつけて撮ってみました[写真上]。 しかし、なにか突っ立っているように見えますでしょ? 別段そんな風には置いてないんですけど…。栗。マクロ50mm念のためマクロ50mmで撮ったのを2枚目にUP。マクロの方、焦点距離は5mmほど長いのですが、見える感じは比べれば突っ立っている感じは少な目であります。ま、撮…

物撮り:柑橘系。よく見ると表面にシミというか汚れというか…

柑橘系のまだ若い果実まだ熟してない柑橘系の果実であります。若いのできれいな肌だろうなどと、単に置いて撮ったんですけど、モニタで見たら、どうしてどうして、なんということか。「撮る前に気づけ」と声が聞こえる気がする爺です。上の画像の部分茶系の点があちらこちらとあるではありませんか。これを全てPhotoshopで消すというのも如何にも…。あって当たり前のことなんでしょうけど…脳みそにある若い果実というのは、欠点がどこにもなくて、素直に撮ればそれでOKみたいな「脳内記憶イメージ」(≒…

物撮り:栗。渋く決めてみる…ナンチャッテ

栗栗の季節であります。昨日に続き、栗を撮ってみたです。今朝は渋めに決めてみたです…。少しは迫力ある?まてぇ~という声が聞こえるのは爺の空耳…。美味そうに、新鮮そうに、秋の味覚、という感じを出さなくてどうするのだというような叱責の声が…ソラミミということにしておこう…。なんといっても、ピントが合っている栗の先頭折れてますし…チェ。

物撮り:栗、傷が結構あるのでPSで修整

栗(修整後)栗・写真上部分の修整前栗のイガから身を抜き出すときにトングを使ったりしますもので、茶色の表面には傷がつくのだろうかと想像します。到来物で、本来食すためにいただいたものでありますので、写真を撮る爺に発言権はありません、はい。Photoshopで、ほどほど、イイカゲンに修整しました。

物撮り:サイドのレフ板にガスコンロシートを使ってみた

明るさや色味の偏らない光をつくるのはなかなか大変であります。全体均一というのはとりわけ難しい…。しかし、簡易にニュートラルに近い背景を…ということで。熟し柿画像調整してない熟し柿とその背景です[写真上]。で、その色の状態をRGBで測ったら#1~4の状態になりました[写真下]。RGB値DIY店で求めた、ガスコンロシートを両サイドに立てています。RGN値を見るとほぼニュートラルな値であります。ガスコンロシートは、ガスコンロ下敷きとか、貼ることができるタイプ(比べれば高い)とかイロ…

物撮り:ガラスはちゃんと綺麗にしとかんとね…

緑のガラスが汚れてた光の状態で模索(≒闇雲、見当違い、いい加減、うちのいなかでは「ジナクソ」とも)しております。で、背景紙としてつかう「ケント紙:ゆき」も買ってまいりまして、ガラス花瓶に花が挿してありましたので、撮りました。ガラスに映りこむ光源が気になり、直撃しないようにしたり、レフ板の位置をアレコレ修整するのに時間がかかりました。で、撮ったのが先頭の写真であります。で、PCで見たら、ガラス瓶の汚れがシッカリ見えるではありませんか…ガックリ!こういうことではいけません。今回の…