pagetaka

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

旅行用三脚を購入

昨日、旅行用の三脚を買いました。普段三脚を使うことが無い爺であります。旅行中の夜間、スローシャッタ―など撮りたいイメージを実現するために必要な道具かも知れんな~と思いました。

ネットで買うことも一案です。実店舗で説明を受けながら自分の希望とマッチングする三脚を選んでもらえるという「便利」を今回は選択しました。

1kg以下の旅行三脚

とあるお店に行きました。三脚だけで50本以上は置いてあろうかという売場でした。最初に応対してくれたのは「応援」というかカメラメーカー(販社)からの人でした。三脚は詳しくないとのことで、よくわかる人をお願いしました。しばし待ちまして、若い店員さんがお出でになられました。
「1kg以下の旅行三脚」ということでお願いしました。
すると、1kgをわずかに超える重量のいわゆる「旅行三脚」の提案がありました。重さもだけど「縮長500mm以内、伸長1500mm」という希望も付け加えました。

なかなか、狙い通りの三脚にたどり着けません。「旅行三脚」というキーワードが邪魔しているみたいです。その後、店員さんPC、カタログを使って探すんですが、条件を満たす三脚を見つけることができません…。

ええ、爺は、およそ条件を満たしそうな三脚がどう言う感じか漠然としたイメージをもってたですけど、流れとの関係で直接言いにくいな~という雰囲気であります。

時間が経過する、なかなか見つからない…。

そして、ひきつづき時間が経過する、なかなか見つからない…。

商品知識の大切さと、条件を絞り込んで探せるツール

カメラ本体、交換レンズ、高級コンパクトカメラなどとは異なり、三脚はチョット、マイナーな存在であります。それだけに、経験値とか知識欲とか、写真関連道具への興味などなどがいるのかも知れませぬ。

困ったときに、カタログを自在に探せたり、PC・ネット上の情報を駆使したりできる、いわゆるスキルが必要なんでしょうね。

無理やり500mm以下の状態をつくりだす

展示してある三脚の中に縮長500mmをわずかに超えるのがありました。重さは制限内、伸長は1500mm以上という、ありがたいのが目につきました(当初脳みそに妄想してたのとは違いますけどね)…。

店員さんに、メジャーをもっているか尋ねたら「ハイ」ということでしたので、雲台を外してもらって、縮長を測ってもらいました。500mmを切っているではないですか…。

型番から推測して、前後のモノはどうかチェックしてもらいました。もう一本希望に収まるものがありました(本命)。さらに軽い…一番下の足がチョット弱々しく見えるな…ということで最初に合致したのを買った…のでありました。

店員さんの接客に嫌気がさすかどうかのギリギリのところでしたが、なんとか購入することができました…。