PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

Word:数字を自動的に3ケタでコンマ区切りで表示する

Excelだとセルの書式設定から簡単にできる数字を3桁区切りでコンマを入れて先頭に円マーク(または末尾に「円」追加)などという作業ですが、Wordではどうでしょう…。

さらに、Excel数字を使い、Wordで差し込み印刷するときはどう処理したらよいのか…。キーワードは「フィールドコード」です。

フィールドコード

「フィールドコード」がWordの機能のひとつだとピンと来る人は、すでにある程度マクロをやっているとか、実際には無関係なんですけど「スタイル」を使っていたりする、などという、おそらく初心者ではない方のレベルだと想像します。
f:id:PageTAKA:20160419103920j:plain
↑ページ番号を設定する場面
Wordフィールドコードで一番身近なものが、自動的にページ番号を入れてくれる機能ではないかと…。考えてみると不思議ではありませんか、ページ番号が自動的に更新されていくこと…。爺が使っているWord2007だと、「挿入」タブ→ページ番号→ページの下部 などから進行すると自動的に頁番号を挿入してくれます。頁番号が表示されてから[Alt]+[f9]するとその「正体」がわかります。
↓ページ番号の「正体」
f:id:PageTAKA:20160419112222j:plain
あ、元に戻すのはもう一度[Alt]+[f9]すると普通のページ表示に…。

つまりですね、いちいち数字が埋まっていてページ番号を表示しているわけではない、ということみたいです。マクロなどと同様「機能する」とか「関数的に表示する」というようなことかと…。文書の中でカクカクシカジカな状態だったら、別の所へ参照に行って、その値を持ってきて表示してね、という結果、具体的なページ番号が表示されているのだと…はい。
以下は、Wordフィールドコードの一覧のリンクです。ただし、Wordバージョンによって異なるみたいです…ご留意のほど。
support.office.com

support.office.com

差し込み印刷:数字を三桁区切りに。フィールドコードを複数同時に使う一例

Wordの差し込みフィールドに表示されたExcelから引っぱってきた数字を、三桁コンマ区切り表示するというのは、差し込みフィールドコードの範囲に、さらに三桁区切りのフィールドコードを強制するという、フィールドコードを複数同時に使う、という作業…なのかと、はい。

そこに至る前に、少し前整理をしておきたいと思います。

Excelでは「セル」書式設定で数字の桁取り、小数点桁数、通貨記号などを「表示」を変更することで実現できます。
セルに入っている数字の実体が「1234」であるのを「1,234」などと見かけ(表示)で変更できます。

ところが、Excelのセル見かけが「1,234」であっても実体が「1234」であれば、Word差し込み印刷フィールドに埋め込んだ場合、「1234」と表示される、という問題が発生することになります。これを解決しなければなりません。Excel内で解決するかWord側で解決するか、という選択肢がありそうですね。

Excel内で解決するというのも一手段

見かけ上3桁区切りになったセル表示を、例えば右隣のセルに文字列に変換表示し、それをWordの差し込みデータにするという手がありそうです。Wordでの面倒な変換作業が必要ありませんので、フィールドコードを複数同時に使うという、ちょっと面倒な作業を避けることができます。

DDE:Excelと同形式でWordで表示するという機能を使う

こちらは、Wordが持っている機能を使おうという解決方法です。

DDEは、Excel表示形式をWordでもそのままの状態で表示しようという機能…かと。

office-qa.com

Wordフィールドコードを使って3桁区切り表示

爺が考えるようなことは、99%解決方法がネット上にある…はい、いつもネットに助けてもらってます。
www.relief.jp
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

フィールドコードは、分数やルート、はたまた複雑な数式、漢文の返り点や読み下し表示など静的なものをはじめさまざまな用途が考えられます。Word初級レベルから一歩進んだ使い方がしたい、ということであれば、差し込み印刷を通じてフィールドコードを理解するというのは悪くない課題かと…。