読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

PHP:tweetを検索し表示(APIを使って、Getするtwitterデータ)

f:id:PageTAKA:20160211212148j:plain
本日は、端緒のみです。twitterの変化に世間というかネット上の情報が追いついてないのかも、というようなことのご報告です。

なんとかできたtwitterから検索語にヒットしたtweetの画面表示

PHPでtwitterにアクセスし、設定した検索語にヒットしたtweetJSONで読み込み、画面表示する、という流れであります。本日は、イロイロ迷いました。

次のようなことが、実行の前提条件になりそうです

  • twitterのアカウントを持っている
  • PHPが動くサーバにFTP転送できる
  • twitterにアプリケーション登録し、4つある符合(かなり長い)を取得する(OAuth認証

この作業を進めるうえで一番わからなかったのが、PHPを使っておこなうOAuth認証の方法でした。ネット上にあるたくさんの情報は、便利なライブラリーを教えてくれているのですが、そこには該当のファイルが無いのです。

twitteroauthに OAuth.php、twitteroauth.phpが無い

↓こちらは、OK
9-bb.com
github.com
twitterなどの変更に伴うものか、twitteroauth.phpが見当たりません。

多くの解説では、「https://github.com/abraham/twitteroauth/」に「twitteroauth.php」というファイルがあることを前提にしています。ところが、無いのです。爺は、最初探し方が悪いのかと思ったです。アレコレ、ウロウロを繰り返し、現状に合致した解説のページを見つけました。

twitteroauth/autoload.php を使う

↓こちらはOK
twitterer.blog.jp
↓こんな感じで認証設定している説明ページが現状にマッチしているようです。
require_once("/twitteroauth/autoload.php");

現在、爺、とりあえず検索語を入れて画面表示できる、という単純な状態まで到達…。手順や取得結果の取捨選択などはこれからの作業です。普通なら、まとまってから書くのが良いのですが、「OAuth」認証で現状に合うのを探すのに苦労した、というお話を備忘録として、とりあえず残しておきたかったのでありました。