読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

PHP:エクセルファイルをPHPで読んだりしてみる

PHPMySQLをつなぐより、Excelの方が視認しやすいかも

PHPとDB(この場合MySQLを想定)をつなぐよりも、PHPExcelを連携した方が、データの様子がわかりやすい、というか視認しやすい、というような横着な妄想が働きました。

とあるサイトの記事見出しがどう変わったのかというようなことをExcelシート上に表示し確認できれば、MySQLを今の段階で使わなくてもOKかもというようなことであります…。

PHPとPHPExcelを使う方法とがあるみたい

ネット徘徊してましたら、エクセル・ファイルを操作するのにふたつの方法があるみたいです。ひとつは「Excelファイルの内容を生PHPで読み込む」というやり方で、ExcelファイルがZIP圧縮されていること、構造がXMLになっていることを利用する方法のようです。Excelは確かにXMLであります…。ZIP圧縮になっているとは…知らんかった…。

もうひとつは「PHPExcelライブラリ」を使うというものです。これは、PHPExcelを扱いやすいようにしてくれてる道具とでもいえばよいのでしょうか…。ネット徘徊したらコチラで書いたのが多かったみたいです…。

PHPExcelを使うまで

というこでPHPExcelを使うまでの手順であります。

  1. PHPExcel - Download: PHPExcel 1.8.0:ここでDLします。
  2. 解凍します→「PHPExcel_1.8.0」などというフォルダが解凍先に出現したはずです…はい。「PHPExcel_1.8.0」内の「Classes」フォルダ全体がPHPExcelを動かすのに必要みたいです。ついでに、サンプルを動かすためには「Examples」フォルダも必要…。
  3. 今回は「Classes」「Examples」のフォルダを、PHPが動くフォルダにコピペしたです。:ここで、あれ? と思ったのが、xampp/php/pear フォルダ内には置かないのかな、ということです。pear(ペア)には既知のライブラリ名が登録してあったです。その中には今回のPHPExcelは見えませんでした…。「pear」には一定のお約束があるのかな…はて。参考:pear:Channels

ということで、今回はPHPが動くところへ置いたです。

さっそく、PHPでエクセルを何とかできるか動かしてみる

操作手順は以下の通りでした。

  1. XAMPP起動
  2. Apache起動
  3. IE起動
  4. IEhttp://127.0.0.1/Examples/01simple.phpで起動
  5. IE画面に、稼働した時刻と作業内容が表示される。最後の行にExcelファイルが作成されたとの表示がでたらオシマイ
  6. PHPが稼働したフォルダ(今回はExamples)に「01simple」名のエクセルファイル(おそらく二つ)ができていたらクリックして確認できる

以上でありました。