pagetaka

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

篠笛:油抜き(2)

前説 >> 篠笛:油抜き - PageTAKA's blog

篠竹の油抜き、侮っておりました…シクシク。いくつか変形してしまいました…。

ストーブ上の鍋に湯をはって篠竹を何本も差していました。そのうち斜めに入れていた何本かに、やや扁平のところができていまいました。お湯、ストーブの熱など、影響のもととなる熱源の性質の違いが原因のひとつなのだろうと思います。もうひとつは、取ってきてからどれくらい後に油抜きするか、ということも…。

篠竹:油抜きのタイミング

ということで、いずれも、取ってすぐ油抜きするということではないという…。
今回は、TAKAがせっかちでありました。指で表面をなでると凹凸を感じる材料が何本かできてしまいました。時間とそれに応じる自身の忍耐が自然相手には必要なのだと…。

2013/2014冬季は、篠笛好適材料の目安となる検討、篠竹取りの場所探し、などで前進。節落としの際のささくれ、せっかちな油抜きによる大失敗、などで次期の課題が明確になりました。

2014/2015冬季には、なんとか節間50㎝の篠竹を発見したい…と妄想しているところです…。