PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

Windows7:WindowsUpdateできない。0xc8000408

Microsoft Security Essentialsを使っています。ウィルス定義が4日前の状態で、なおかつPCが保護されてないかもしれないという表示に慌てますた~。早速、ウィルス定義の更新ボタンをクリックしますが、新しいウィルス定義ファイルがインストールされる気配がありません。エラー番号は、0xc8000408でした。
f:id:PageTAKA:20121018232357j:plain
以下は、爺の備忘録です。良い子は真似しないでね。
WindowsUpdateがサービスとして動いてないとかの表示…。コントロールパネル→システムトセキュリティ→管理ツール→サービスと辿って行ってみると、「状態」は「開始」となっていて動いています。
エラー番号0xc8000408を検索語にして調べますがなかなかヒットしません。
Microsoftの次のページにちょっと役立ちそうな情報がありました。ツールもありました。

ツールをダウンロードして、走らせると診断と解決したような表示がでました。それで、再起動したのですがNG…シクシク。さらに、いろいろ、ネット徘徊したです。すると次のような情報があったです。

ということで次のようなコードをテキストエディタ上にコピペし、BATファイル、例えばupdate.batというような名前でデスクトップ上に保存し、クリック(orダブルクリック)で、動かしたら、白黒画面のなかでコマンドが走りました。

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%\system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

その後、WindowsUpdateをクリックしますが…NG…はてぇ~?
で、なんとなく再起動…。
そして、スタート→すべてのプログラム→WindowsUpdateと進行したら、今度は、更新ファイルの確認へ進みました。しかし、遅い。回線が混んでいるのか自分のPCが不調なのか…ともあれ忍耐…。
KB2661254をはじめ21個の更新ファイルが見つかり、インストールへ。これも、普段のネット速度に比べえらく遅い…。しかし、忍耐…。なんとかインストール完了し再起動…。
最初の問題だったMicrosoft Security Essentialsの更新ボタンも働いてくれました。本日付のウィルス定義にもなり、ウィルスの存在も否定されました。あ~ヤレヤレ。しかしなんで、PCが保護されてないかもしれれないという状態になったのだろう?
そして、batファイルが役に立ったのか、はたまたひとつ前のfixツールが役に立ったのか…。ネット速度が遅かったのは何だったのか…不思議な流れでありました~。
PCが壊れんでよかった~。良い子は真似しないでね。