PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

Google日本語入力:Andorid用。母音と子音のキーをうまく組み合わせて使う配置

今朝の地方紙を見てまして、Googleの日本語入力(Andoroid用)の記事があるのが、ちょっと気になりました。
で、ネットを検索すると、Googlejapanが 2011/12/12にはすでにyoutubeにUPしているという…。し・知らんかった…。

Google 日本語入力for Android

PCからこの上のリンク先にアクセスしたら、「端末をお持ちでないようです」と判定…。ええ、爺はスマホやパッドを購入できない貧乏人なもので…シクシク。
f:id:PageTAKA:20121005092235j:plain

頭をよぎったのは、これまでさまざまな日本語用キーボードが現れては消えた「歴史」みたいなものです…。
富士通の「親指シフト」というがありましたね。NECが独自のキーボード森田式だったでしょうか。坂村TRONキーボード、はたまた50音表のような配置のものなどさまざまなものがあったかと…。
今回のGoogleの方式が生き残るのかどうか…。複数ある入力方式の一つということですから、二者択一というような状況と考えなくてもよさそうです。Andoroid以外での使用はできないんでしょうかね…。アプリとして売れば儲かるかもしれませんし、シェアを伸ばす力になるかもしれませんが…はて。