読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PageTAKA's blog

写真、PC、ネット、岡山の話題をお届けします

原発ゼロをめざす岡山アクション○毎週金曜日お昼12:15から中国電力岡山支社周辺(岡山市北区内山下1-11-1)○連絡先:岡山県労会議内の実行委員会、086-221-0133

理解と表現の谷間から(小川洋著、風媒社)

「理解と表現の谷間から」(小川洋著、風媒社)という本を読んでいます。著者からお送りいただき、8日に読み始めました。

理解と表現の谷間からは、なかなか読み進むのに時間がかかります。しかし、ゆっくり読んでいくと、そうか、理解とはこういうことか、と思えてきました。長年のモヤモヤが少し晴れた気がしているTAKAです。つまり、理解がすすめばそれは表現に結びつく、という。著者から電話越しに「あたりまえのことを書いている」とはお聞きしたのではありますが…。「理解」は単独で存在しているとTAKAなど思っておりました。しかし、小川さんのこの本を読むと、その出口に、「表現」が準備されるべくして「理解」が存在しているものだと。なるほど、と。

著者は、長年、教育、英語、哲学などの分野をとりくんでこられました。TAKA、普通、読み終わってからこの手の文章を書くのですが、途中にもかかわらず、UPしたです。ふふふ。